So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

百草園(もぐさえん)へ行こう [ふらり旅]

今日は、百草園にいってみた。
もぐさです。”もぐさ”。
京王電鉄が所有しているらしく 京王百草園。。。。。。って駅の名前と
かぶって検索しにくいのなんの。
車で検索しても先にヒットするのは。『駅』のほう。
でもそれが正しいのです。なぜなら。
百草園には駐車場がない。
百草園の一番近隣の駐車場が 百草園駅の周辺なのですよ。
電車で来る人は何の問題もなさそうなのですが、これがまた、
立地が非常に悪い!!!
百草園。もともと、荒れた山を庭園に開拓(?)したそうで、
すごい山の上にあるんです。
舗装はされているのですが、すごい坂道。
15度もしかしたら20度近くあろうかという上り坂を一キロ近く登る。
なのに、百草園付近に駐車場はない。
そうして、タクシーも百草園付近にはいない。うーん。
そうして、多くのお客様は年を多く重ねてきた方々。
京王も駐車場をつくればよかったのに。
周りは、一軒家やマンションばかり。
っで、百草園。入るのに300円かかります。
そうして園内は、砂利だったり土だったりの道で
結構、山登りな階段を歩いたりとするので、
スニーカーでないと大変かも。
小さな子供は、駄々をこねても歩かせることはできますが、
足、腰に疾患をお持ちの方々には大変かと思われます。
この、百草園。
一年を通していろいろな花を見ることはできますが、
ラインナップが渋い!!
そうして、山の上にあるので眺望もよく。新宿のビル街や
筑波山が見えたりする。
今日のお目当ては 蝋梅と水仙。早咲きの梅。
まずは蝋梅
s-P1220030.jpg
園に入ってすぐ左手にあるのだが、本数が少ない。
上に、パラパラしか咲いていない。もともと地味な花ですから。
続いて、園に入って右手。
水仙が咲いています。
ここは、ソコソコ群生しているのと時間帯によっては、
光の当たり具合がよい感じです。
s-P1220002.jpg
群生な感じ。
s-P1220010.jpg
風もなかったので、手振れもせずにきれいにとれたかも。
s-P1220010.jpg
最近はお花が光に透けている写真が好き。
s-P1220018.jpg
っで、早咲きの梅。
s-P1220035.jpg
なんと。八重梅のほうが咲くのが早いんですね。
白いのもちょびっとさいてましたが、梅は、もうすこししてから
改めて見に来てもよいかなぁ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ナウ〇カ気分が味わえる!?稲取細野高原ススキ [ふらり旅]

中秋の名月に欠かせないのが、ススキ。
関東でススキが有名なのが仙石原だが、実際いったところ。
正直いまいち。
人ばかり多いのにこれだけ??といった広さ。
今回、ススキを見に行ったのは、伊豆の稲取細野高原。
山一面がススキで覆われていて、ナウ〇カの1シーンのような
光景が広がっている。
ただ、本当に山なので寒い上に結構歩く。
小さい子供やお年寄りにはあまり向かない。
マイクロバスで山頂まで行き、そこからてくてく1時間近く
かけて山を下るというコース。
マイクロバスからの景色もなかなか良いので、バスで
生き返り乗るのもありかも。
s-PB060003.jpg
山頂には、風力発電がグルグルまわり
s-PB060026.jpg
下の町、海が見下ろせる眺望もよい。
s-PB060005.jpg
自分は、てくてく歩いて山を下るコース。
一番公開したのが服装。
秋口だし、天気もよいからって思ってたら
寒いことこの上なし。冬支度でもよいくらいだった。
歩き始めて数分で、周り一面がススキ野原。
s-PB060232.jpg
午後の時間帯だったが、逆光にキラキラひかるのがまた
いい感じだ。
s-PB060150.jpg
入山料に400円かかるが、マイクロバス代と思えばそれほど
高くもない。
しかし、運営の人たちがかなりいけてない。
町内会ののりくらいでやっている感じで見守ることにする。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

蝋梅を見る [ふらり旅]

時系列がばらばらになるが、ひとまず新しいところから。
冬になると咲く花も少ない。
そうして、見ごろを定めるのも難しい。
以前、水仙を見に行ったのに、ほとんど咲いていなかった。
今回は、蝋梅。
以前、梅を見に行ったときにちょろっと黄色い梅があって
きれいだなぁ。
って思った。しかし、蝋梅の季節は、梅の季節より数か月早く。
12月下旬から1月まで、気候によっては2月まで見れる。
蝋梅のいいところは、香り。だけど、生き物とは思えないプラスチック感
がいい。
s-P1070306.jpg
黄色い花といえば、ヒマワリ。そうして、青空とヒマワリはとってもお似合いだ。
蝋梅も黄色い花。でも青空をバックにしても、まるで壁紙のよう。
冬の花は、逆行のほうがお似合いなのかもしれない。
s-P1070365.jpg
安中市のろうばいの郷では、8日に蝋梅祭りがおこなわれる。
全国でも、蝋梅の本数では一番多いのがここではないだろうか。
しかし、桜と違って数が多くて”圧巻”みたいなのはない。
切り取った枝を500円で販売している。
買って帰る人も割とおおいのだが、生けるには結構無理がある大きさ。
みんなどうするのだろう。
s-P1070296.jpg
冬には、あまり色のついた花が咲かないのは、
花粉を運んでくれる虫たちが少ないからだと思うのだが、
この時期に咲くのはなぜだろう
香りも、うっすらにおう程度。
s-P1070299.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

食品表示検定 上級です。 [がんばれ自分]

すごく久しぶりにブログをアップすることに。
ふらり旅はずっと続けているけど、結局フェイスブックで
気になる写真とかをあげたり、あげなかったり。

今回は、食品表示検定上級を受けてみた。
これって、結構狭き門。合格率は20パーセントを切る。
そうして、受験料が高い!!
2万円ちょっとします。趣味で受ける料金じゃないよね。
そもそも、中級がうかってないと受けれない。
試験内容も、マークシートのほかに、論述、一括表示の作成
一括表示の間違いさがし。がある。『一括表示』って言葉自体
知らない人が多いはず。一般的にはね。
マークシートは中級のテキストと食品表示アルアル時事ネタを
チェックしておけばなんとかなりそう。
だけど、試験時間に対して問題が多いので、じっくり考える
暇はなし。文字を読んでいるだけで時間が過ぎてしまうから
じっくり読むより、これぜったちがうじゃん。ってのをまず、
サクサクよけて、ひとまず最後まで進めていかないと
たぶん最後までたどり着かない。スピード勝負。
論述も法令や用語の内容を理解したうえで、論述的な
文章をしっかりかけばなんとか。でもやっぱり時間がない
800字が目標の文章を書かないといけないからね。
あと、間違いさがしと表示を作るには、ちょっとした
コツが必要。条件がいくつもある中で、ただしい答えに
たどり着かないといけない。条件によっては、〇になったり
×になったり。
なので、すでに販売されている商品の表示を見る立場にある
一般消費者では解答は難しい。前提条件がわからないから
何をもって正しいか判断つかないからね。表示を作成する立場
だからこそ、解答できる。と言ってもよい。
また、工場で一括表示を作成する担当者でも、作っているものが
大体同じジャンルなので、違うジャンルになるとその知識が
通用しない。そもそも、ジャンルってなんだ。って話。

食品の表示は、一見して同じルールで作成されているように
思われがち。って、本当はそうしてほしいし、そうするための
「食品表示法」なはずなんだけどなぁ。いまだにそうではないのが
現実。
この業界(ってどの業界だ)にいれば、当たり前なんだけど
生鮮、加工品でルールが違う。そもそも、生鮮の定義づけ
も一筋縄ではいかない。普通の生活で「生鮮品」といえば、
「生の野菜や魚、肉」「やっぱり鮮度が命だよね!!」
ってことになるんだけど。そうじゃないんだよなぁ。
加工品でも、出来上がったものが
同じものでも、製造工程や包装資材なんかで、分類が
異なり、表示する項目や文字の大きさまで決められているものが
あったり、なかったり。項目の名前が決まっていたり、
書く順番が決まっていたり、書いてもいい内容もあれば、
書いてはいけない内容もある。店頭に並んだ見た目がそっくりでも。。。
冷凍されているものでも、「冷凍品」と「冷凍食品」では
表示する内容も違うし、冷凍食品の中でも、区分が分かれていて
原材料の記載する順番や文字の大きさが
決められているものもあれば、決められていないものもある
店頭の冷凍ケースに同じように並んでいても。
一般的に「菓子」と言われているようなものでも、
チョコレートとアイスクリームでは、それぞれかかわってくる法令も
ちがえば、記載する内容や原材料の書き方、「名称」の書き方
だってちがう。

って、結局自分がどうなのかの言い訳になっているわけです。。。

食品表示検定の過去問は、対策セミナーに行くか
今まで受けた人から入手するしかない。
対策セミナーにいっても、前年度のものしかもらえないけど、
傾向と対策は立てやすい。高校生の塾でテスト対策を受けている
感覚かな。
受講料がこれまた高い。受験料とセミナー合わせると3万くらい
かかってしまう。
この検定は、どこに向かっているのだろう。
って、気もするけど。

80点以上が合格ライン。合格発表は2月。

これを期に、ブログ頑張って更新しようかなぁ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

座間のひまわり [ふらり旅]

DSC_0492.JPG
DSC_0447.JPG
座間のひまわり畑
色んな人がいるもので、
白のワンピースのお姉さんの写真撮影
くるっと回って、カワイーね
カップル。で、ダッフィとその恋人みたいなぬいぐるみを被写体に写真をとりまくる
カワイーね[るんるん]
フランス人形みたいなのを固定してシャッターを押すおじさん。
髪の毛が青とかピンクのコスプレの人たち。
そうして、自分と同じ、ひまわりを飽きることなく撮影するひと。

鋸山へ行ってみた [ふらり旅]

あこち、ふらり旅はしているのですが、全然upできていない今日この頃、この土日に少しupしようかな。
ひとまず、千葉の鋸山にいってみた。
ここには日本で最もデカイ大仏がある。
たしかにでかい。
DSC_3210.JPG
DSC_3196.JPG

ひたち海浜公園にネモフィラを見に行ってみた。~死ぬまでににたい風景特集?~ [ふらり旅]

ここ数年、写真本で見たい風景や絶景のものが
結構出ている。
まぁ、与論島もそうなんだけど、それらを
まわるのもよいかと思って、ふらりとネモフィラを
見に行ってみた。
ネモフィラとは。
青いはな。
20150515_084036.jpg
こんなん。
それが群生すると青い絨毯のよう。
茨城県にある、ひたち海浜公園内にある、
みはらしの丘がそう。
芝桜の青バージョンってかんじかな。
20150515_081938.jpg
凄いです。
そうして人も多いです。
20150515_081949.jpg

季節ものは逃せないのですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

与論の旅~その8 人と牛の数は同じくらいです~ [ふらり旅]

与論島の人口はざっくり五千人。
この人口は、結構さかのぼっても減ったり増えたり
あまりしない。小さな島だが小学校は3校あるし、
高校もある。
この高校の先生がすごく熱心らしく、塾がないので
塾ばりの補修的なものをして、かなり学力を伸ばしているようだ。
大学は外に出ていくけど戻ってくる若者もきっと多いのだろう。
そうして、人口と同じくらいいるのが「牛」
P3210951.jpg
ほとんどがこの黒いやつ。
屠畜場はない。どうしているかというと、子牛を県外の名だたる地域に
売るとのこと。そうして、ドナドナたちは、松○牛とか米○牛とかになるそうだ。
P3210945_.jpg
一部、与論牛なるブランドを立ち上げているが、屠畜場がなければ、
「肉」にはできないわけで。。。どうしてるのかなぁ。
そんな、島の南側のもっとも急な坂があるエリアには「金の牛」が
そっと佇んでいる。
DSC_2493.jpg
ここからは、沖縄本島が見えるのだが、もう少し上ったところに
やんばるくいなの像もある。
P3210965.jpg
すごく、気持ちがわるい。
おそらく、このブログをすごくさかのぼると、沖縄のでかいやんばるくいなの
展望台についてかいてると思うのだが。
どうやら、自分はやんばるくいなが苦手なようだ。
そうして、やんばるくいなの像のもう少し手前に橋があるのだが
そこの下に。クジラ。
DSC_2492.jpg
っと。このエリアはいろいろ微妙だ。
あと、与論島はブーゲンビリアやハイビスカスなどの南国植物が
もちろん咲いているのだが、意外に多いのが朝顔なのか昼顔なのか
こんなの。
P3210921.jpg
そうして、夕日を白熱灯光源で撮ってみたらこうなった。
P3200811.jpg

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

与論島をふらり~その7 夕日はみれても星はみえても見れない朝日そうしてサザンクロスセンターへ~ [ふらり旅]

3月は基本的に天気があまりよろしくないらしい。
特に朝は。
今回、夕日は結構いい感じにとれたのだが、朝日がだめだった。
星は、田舎らしくきれいだが。もしかすると、空気のすみ具合から
ゆくと、寒い地方の、山梨とか長野のほうがきれいかな。
そうして、朝日はこんなんでました。。。。
P3200521.jpg
P3200499.jpg
はい、曇天です。

そんな曇天、模様のなか向かったのが「サザンクロスセンター」
与論のなかでも一番高い位置にある。展望台と城跡と神社。
ここの近くではヒマワリが満開。
P3190411.jpg
っで、すごく不思議なのが「同じ方向を向いていない」今まで、なんどか
ひまわり畑の写真を撮りにいっているのが、たいていみんな同じ方法を見てる。
なぜだろう。

すぐとなりの琴平神社
P3200527.jpg
サザンクロスセンターからのながめ、
この時はあいにくのお天気なのだが。
P3200531.jpg
P3200545.jpg
サザンクロスセンターの中は、資料館になっていて
与論のくらしとか
P3200553.jpg
かなり年季は行ってます。
めがねで使用された自転車とか。
P3200555.jpg
乗れます。これ。
そうして、ここからはお天気も回復
どこにいっても、いいちこのCMのような写真が取れ放題。
P3200559.jpg
P3200561.jpg
P3200587.jpg
P3200611.jpg
P3200643.jpg
P3200693.jpg
P3200721.jpg
P3200801.jpg
P3200853.jpg
そうして、今回一番よく撮れた!!と思うのがコレ。
でも、シャッターチャンスの時に岩場の上で、スマホしか
出せなかったのが悔しいのですよ。
DSC_2463.jpg
白い猫。すごく、悪人面なのです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

与論島をふらり~その6 もうすこし食べ物の話~ [ふらり旅]

時系列がばらばらだが、最後のランチを食べたのが
八郎
DSC_2507.jpg
沖縄風の建物で島の北側にある。
ここは、お値段は高めだが、島の名物は間違いなく食べれる。
そうして、おいしい。地元民もおすすめの店だ。
DSC_2510.jpg
おすすめランチ。お吸い物がたぶんイカ墨だとおもう。
あと、とびうおのから揚げは、口の中にひれやらなんやら
ささるので要注意。
DSC_2512.jpg
ここから見える海は、百合ヶ浜と一緒で大潮の日に干上がる。
陸から歩いてゆけるので、みんな「潮干狩り」をするのだとか。
ただ、2泊目3泊目をした明星荘のオーナー曰く。「みんながとるからなんもないよ」
だそうだ。
DSC_2512.jpg
これに気付いたのが、最後の最後だったのが残念。

そうして、気になるパン屋。
沖縄ではおいしいパン屋がなくてどうしようかと思っていたが。
DSC_2356.jpg
ここは、おいしい。
三食アンパン。の3色がずんだとかぼちゃと小倉。とか
ちょっと変わっているし。
本当は、民宿の朝ご飯がついてなかったので、ここで買ったパンを
食べようとしていたら。
なんと。朝ご飯にどうぞって、コーヒーとパン。そうして、民宿ならでは
とういうかなんというか。ほかに泊まっていたお客さんのあまった
ご飯とかおかず(手を付けてないやつね。)をだしてくれて、「朝ご飯」
がいらなくなってしまうということも。そうして、食べるタイミングをのがして
戻ってきてから。食べるということに。
1427723129533.jpg
タマゴパン
1427723101982.jpg
スコーン。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。