So-net無料ブログ作成

スペインの旅~セビリア~ [ふらり旅]

地震発生から一週間がすぎ、テレビも通常の番組が流れ始めている。
自分のサイフに入っているレシートの中に地震当日のものを見つけた。
お会計の時間が3月11日 14:46 
110319_0803~01.jpg
このあと、コーヒーを受け取り、席について、まもなく地震があった。
はじめから、横揺れ。震源地が遠いとおもったのは、震源地に近い地震を体験したからか?
レシートの時間を見て、震源地からの時間差を改めて認識。
多くの人が言うが大きな地震があったとき 建物の中にいるのが
安全なのか外に出たほうがいいのかやはり迷った。
今自分のできることは少ないが、被災地の復興と救出作業が進むことを
祈り、できる限りの節電と募金くらい。。

そんななか、スペインの旅を更新します。

スペインの旅も折り返しをすぎ、後半に突入。
セビリアにあるカテドラル。世界遺産を見学だ。スペイン最大といわれる大聖堂。
トレドの大聖堂もスペイン最大と言っているようだが。まぁ。どちらにしてもかなり
大きい。
P2102114.jpg

自分が行った時間は、ミサの時間。団体としての入場は不可能だが、
個人として入ることは可能。それ以外の時間帯は、観光地として
料金を払って、ガイド付き?で入ることが出来るらしい。

建物の内部は、とても天井が高く、壮大という言葉がぴったりだ。
なんだかひんやりした空気がまた雰囲気を盛り上げているのかも。
ここには、コロンブスのお墓がある。
P2102109.jpg
中世にタイムスリップしたかのような空間だが、やはり、現代なわけで
懺悔室?の神父と思われる人が携帯電話で話しているのがちょっと
笑えた。

カテドラルの周りの町には街路樹としてオレンジが植えられている。
P2102115.jpg
レストランのメニュー看板もこころなしかオレンジ
P2102097.jpg
大通り意外は、みちがせまくて入り組んでいる。
ちょっとした看板や
P2102093.jpg
マンホールがかわいい。
P2102092.jpg

スペイン由来の食べ物チュロス。MスターDナツに売られているのに
形はにているが、味と食感はちがう。
どちらかというと、軽い生地を油で揚げてあって、やわらかい。
生地自体にはあまり味がなくて、砂糖をふりかけて食べる感じかなぁ。
このチュロス。揚げたては美味しいのだが、時間がたつと
食べられないほどおいしくなくなるので、要注意。
P2102119.jpg
そうそう、この町に入る前に、コロンブスのモニュメントみたのが
ある。その周りには ミドリのオウムみたいな鳥が結構いるんだけど
その鳥は、コロンブスが持ち込んだといわれているらしい。
P2102087.jpg
クスだまみたいなアジサイみたいな花が咲いていたり
P2102088.jpg
やはり、日常見ない風景画みられるのが海外旅行の醍醐味だ∑d(・ω・*)ネッ!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

えでぃ

本当に、多くの人が無事でいて欲しいですね。
関東は、色々混乱した状況のようですが、tommyさんは大丈夫ですか?

コロンブスの柩の中はどうなっているのでしょう?
あと、日本のドーナツ屋さんのチュロスは食べたこと無いので、今度挑戦してみたいです。
by えでぃ (2011-03-19 18:28) 

tommy

>えでぃさん
大丈夫ですよ!!それこそえでぃさん家も大丈夫ですか?
しかし、スーパーやコンビにでは「買占め」がひどくびっくり
しています。停電にそなえて電池がなくなるのはなんとなく
わかるのですが、トイレットペーパーとかお米とか、牛乳
・卵・パンなど生鮮品を買いだめして何に備えようと
しているのかまったく分かりません(?´・ω・`)
それと、日本のドーナツ屋では、チュロに砂糖衣ついて
クッキー生地にちかくてすごく甘いので甘いもの好きには
良いかもしれません(*^_^*)お試しください!!
by tommy (2011-03-19 23:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。