So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

活イカ刺しです。 [ふらり旅]

DSC_0081.JPG
今日は函館で、イカさしです。
実は、わたくし20年前位函館にすんでいたのですが、中国人の多さにびっくりです。
私がいた頃は、ドラマの撮影とかあって賑わってたのに。
函館は過疎化が進んでいるようで、私の通っていた高校も合併されて名前が変わってしまいました。マンモス校と言われていたのに。切ないことです。

nice!(0)  コメント(0) 

奄美大島にふらりと行ってみた~海と加計呂麻島~ [ふらり旅]

奄美大島は東シナ海に面した海がすごくきれいだ。
s-P3120062.jpg
エメラルドブルーが印象的で、浜は砂というよりサンゴのかけらが
打ちあがっている感じ。
自分は、海は見るものだと思っていのだが、ここは、
少し潜ってみたい気になる。夏に海目的でもう一度来てもいいかもしれない。
s-P3120041.jpg
スキューバーの人も結構多いのだが、サーファーも多い。
そうして、水中カメラをもってる人も多い。
結構本気のやつなので、カメラマンなのかもしれない。
この時期、ザトウクジラがやってくるそうで、ホエールウォッチングも
楽しめるらしい。

本当は、ホエールウォッチングもするつもりだったのだが、
うっかり、加計呂麻島に行ってしまったので、くじらはなし。

加計呂麻島。奄美大島の西にある離島。
水上タクシーで20分くらいのところにある。
瀬戸内という地域からフェリーか水上タクシーを使用して
わたるのだが、渡った先の足がまったくないので、
車でそのままわたるか、渡った先で車を借りるしかない。
自治体で電気自転車を貸してくれるが
かなりの山道なので、これはやめたほうがよい。
地元の人も「すごい評判わるいみたい。」とのこと

車でフェリーに乗ると往復6000円くらい。
人だけなら400円くらい。なので、
人だけわたってレンタカーを借りたほうが
良いかも。
しかし、加計呂麻島にはレンタカーが2社しか
ないので、あるかどうかわからない、
観光案内のおねーさんにも電話して
車がかりれたほうに行ったらよい。と教えてもらった。
加計呂麻島には港が2か所 生間と瀬相にあり、それぞれに
レンタカー屋さんが一個ずつある漢字。
っで、ひとまず。瀬相のレンタカー屋さんに電話すると。
「バイクあるよ。」ってことで、原付を借りることに。

一日1500円。たぶん島一周してもガソリン代200円くらい
しかし、その日は寒かった。ウィンドブレーカー持って行って
正解。
しかし、この島何もありません。海はすごくきれいなんだけど
本当に何もないので、もう少し暖かくなってから、ぼーっと
海を眺めるのは良いかも。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

奄美大島にふらりと行ってみた~みどころ~ [ふらり旅]

奄美大島といえば奄美の黒ウサギ。
黒といってもグレー。ウサギといっても耳が短い。
手足が短い。でもなんだかとってもかわいいのです。
不思議なことだが、猫も犬も短足はかわいいのです。

黒ウサギは夜行性。なので、昼にうっかりみかけちゃった。
なんてことは、まずない。
では、どうするか。
ナイトツアーで夜の山に見に行くのが正解。
しかしここで大きな問題が『一人』には優しくないこと。
個人で旅行している場合、ナイトツアーに予約を入れるには
2人以上ばかり、一人はお断りなのです。
そんな中、一人対応のツアーに予約の電話入れてみるも。
『その日は対応できるものがいなくて。。。〇〇には電話してみました?
そこなら一人でも対応してくれるので、電話番号教えますよ。』
と、紹介されたところに連絡すると
「人数によって料金違うので。」
って、一人だと高くつく。。。
どうやっても一人は一人。しょうがない。

そうして、ツアーに参加。
一人です。そう、もちろん、マンツーマン。
タクシーと思えは、人数が増えるほど一人あたりの負担が
少なくなることは、当然だよね。ってことで出発です。

目標は「黒ウサギを見る。」でも、奄美には固有種が多く。
色々みれるとか、その中でもケナガネズミがかわいい。
s-P3120101.jpg
ネズミなのにちょっとリスぽいところとか。
あとは、アマミシギとかヒメハブとかオットンガエルもみれた
なんだか、自分が行った日は、黒ウサギの餌になる身端の草とか
ススキがシルバー雇用の確保のための草刈が行われてしまって、
そのせいで、ウサギの餌がなくなって、道のわきに出てこない状況に。。。
それでも、今回のガイドさんは結構な時間つきあってくれて見れました。
s-P3120108.jpg
結局、7,8羽見ることができて、最後のほうは、なぜかガイドさんより
自分のほうがウサギを先に発見するほどに。

途中で、何組かのツアーとすれ違いましたが、箱バンにぎゅうぎゅう詰めだったり
普通車だったりするのを見ると。
値段は高くなっても、オープンカーで光源しっかりしてて、
ちゃんと動物や植物の知識もあって、いる場所なんとなく把握してる
ガイドさんを選んで正解。奄美大島に行ったら、個人でナイトツアーに
申し込むことをお勧めします!
今回は、「体感」することが多くて写真を撮ることがあまりなかったので
写真は少ないのですが、もう少し続きます。奄美大島の旅。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

奄美大島に行ってみた~とりあえず説明~ [ふらり旅]

数年前からふらり旅もターゲットを「島」にしていたのだが、
なかなかハードルが高く進んでないのが正直なところ。
島となると当たり前だが海を越えなくてはいけない。
越える手段として、船または飛行機に乗らなくてはいけない。
そうすると、時間と金銭面での縛りがふらり旅を阻むことなる。
金銭面はどうにかなるとしても、時間はどうにもならないのである。
と言い訳はここまで。(って、誰に言い訳しているのか。。。)

今回は、奄美大島にいってみた。
奄美大島といえば、東洋のガラパゴスと言われるほど
固有種が多い。また、サンゴ礁が美しくダイビングや
サーフィンが盛んだ。
離島の中でも大きな島で、佐渡島に次ぐ大きさだとか。
それでも、1日あれば車で一周できるくらい。
飛行機は、LCCのバニラエアが関空と成田から飛んでおり
安いときは片道3000円で来れてしまうらしい。バニラエアの
おかげで、この3月でも観光客がツアーではなく「個人」で
やってくるので、観光業とくに、「ガイド」の方々は、助かっている
そうな。
しかし、成田からのバニラエアはこの時期13000円くらいしていて
羽田からJALで宿泊施設とのパックをとるとそれほど変わらない。
成田まで行く時間とお金を考えるとトントンかな。
島は車がないとどこにも行けないので、レンタカー必須。
島はかなり峠越えみたいな道が多い。
観光地も市街地もそれぞれ離れているので、自転車では
とても無理!!バスもあるみたいで、時々すれ違ったりも
しましたが、時間の無駄が多すぎだし、結局バス停から歩くことに。

そうそう、奄美大島は、トンネルがすごく多い。
地盤が弱く、土砂崩れがすぐ起きて道が寸断されるので
トンネルを掘って土砂崩れのない道を確保しているそうだ。
実際、幹線道路でもかなり土砂崩れが起きていて、片側通行
や土嚢がつまれた脇をとおることもおおく。
「落石注意」の看板のあるところは、本当に落石している。

郷土料理というものがいまいち分かりずらい。
一応、有名なのは 鶏飯。とりめし ではなく けいはん。
ご飯の上に、蒸し鶏のほぐし身と錦糸卵、シイタケの甘辛く煮たやつ、
パパイヤの漬物をのせて、鳥のだし汁をかけたいわば「具だくさんのお茶漬け」
s-P3110009.jpg
しかし、これ、1000円もするんです。ちょっと高すぎやしませんか。

お土産でフリーズドライになっているものがあるのですが、
地元の人も便利でおいしいからたまに使うとか。
その時は、錦糸卵は自分で作って入れたほうがおいしいとのこと。

そうして、島の方にきいた「油そうめん」まったく想像ができずに、
観光窓口で「油そうめん食べたいんですがどこかありますか。」
と聞いていったところが、なんと ちゃんこなべの店。
時間がなかったのもあったので、そんな店で「油そうめん。以上で!!!」
とオーダーして出てきたのがこちら。
s-P3120017.jpg
具の少ないソーメンチャンプルーですね。
お昼ご飯としてはたしてなりたつのか?

食べ物については、たんかんやパッションフルーツ、もずくなんかも有名。
では、次は観光へ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

軍港めぐりに行ってみた [ふらり旅]

横須賀のイオン近くから出発する軍港めぐり
米軍の軍艦と日本の自衛隊の軍艦や潜水艦が海から見れる
珍しいクルーズ。
甲板はすごく寒い。っが、やはり寒い時期のほうが空気が澄んでいて遠く
まで見ることができる。
対岸の千葉やスカイツリー、富士山も見えたりするのだが、
やはり軍艦をみにきたのでどんなものがみれるかご紹介。
s-P2180116.jpg
空母 ドナルドレーガンです。空母なのに飛行機が乗っていないので、
なにか建築中の建物のようにも見えます。
戦闘機を飛ばすには、ある程度スピードを出した状態でないと
飛ばせないため、沖合で戦闘機を飛ばしてしまってから
横須賀にもどって停泊しているとか。
s-P2180123.jpg
そうしてイージス艦。
レーダーを装備してミサイルを迎撃するやつですね。
船の側面に亀の甲羅のような板が張り付いているのがレーダーとのこと。
s-P2180208.jpg
そうして、戦艦を真正面から写真に撮ることができるのも、このクルーズの
醍醐味の一つ。
s-P2180163.jpg
偉い人が来ているといろいろ旗が挙がってるんです。
今日は、ここで一番えらい人が来てるとか。
総理大臣とか防衛庁長官とかなら旗の色が違うそうな。
s-P2180210.jpg
そうして潜水艦。
他の軍艦には番号が書いてあり。その番号でどんな働きをする軍艦か識別できるのに
たいして、潜水艦はすべて秘密。番号もなければいつどこで活動しているかも
軍事機密です。
横須賀に停泊していた軍艦は、最新型と従来型ってのくらいしかわからない。
最新型はひれが一枚。従来型は2枚。
その程度しかわからないようです。
陸からは見れない軍艦が見れるのですが、結構地味です。
軍艦マニアにはいいかも。
一時間に1本で出航しているクルーズ船。
ガイドさんが個性的でおもしろいので、何度か乗っていろいろな人のガイドを
聞いてみるのも良いかも。
湾内往復するの右でも左でもいいけど。ガイドのお兄さんの話にあわせるなら
右に乗るのがよいかな。
冬は甲板はものすごく寒いので重装備を!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

皆既月食ですよ [日記]

皆既月食です。
次は20年以上先だとか。
今の家からよく見えました。
s-P1310501.jpg
いよよいよ、かじられ始めました。
s-P1310545.jpg
もうすこしで、完全に地球に食べられてしまいます。
そうして、完全に食われた月は
s-P1310599.jpg
真っ赤になりました。

天体ショーを見るのは大好きです。
次はどこで見るのやら。
更新しやすいSNSにばかりUPしているので
ブログはとんとご無沙汰。
これも時代の流れ、20年後はどんなツールがはやってるのかな。
そんな時もあいもかわらず、月は真っ赤になっていることでしょう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

巾着田で曼珠沙華 [ふらり旅]

巾着田に曼珠沙華をみにきました。
群生しているのですが、森のなかなので今一解放感がありません。
あと、人形立たせて写真撮ったり、コスプレの人がいてビックリです。
屋台も出てましたが私的にはあまり美味しそうなものがなかったのでパス。
半田の曼珠沙華の方が川沿いずっと咲いてて好きです。

s-P9180234.jpg
s-P9180247.jpg
赤と黒の組み合わせは最高に好きな組み合わせです。
渋くていいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

牛にひかれてないけど善光寺参り~その前に布引観音~ [ふらり旅]

牛にひかれて善光寺参り。
このフレーズはなんだか知ってはいたのだが、
何のことやら。
ちょっと調べたら、思ってもいなかったことや他人の誘いによって、
よいほうに導かれることのたとえを牛にひかれて善光寺参りというようになった
ってことで、善光寺に行ってみることにした。
その前に、偶然にもその”伝説の元”となる寺に知らずに行ってしまうことに
牛には引かれてないけどね。
長野より東にある小諸市。軽井沢で糸引きの滝をみてから
下道でテクテク長野に向かう途中。糸引きの滝はあまりに残念なので
アップしません。

通常だと国道18号を走ればつくのに、なぜか川の対岸の道を
ナビがご案内。
ひとまず、ナビ子が言うままに走ってみることに、三叉路をうっかり間違って、
リルートしたら布引観音の前の道を走ることに。
結構、車が止まっている。通りすがりだしよってみることに。
何があるかわからず、ひとまず、案内通りに参道なのか山道なのか
登る。
すると、氷柱ができた滝が出現。
s-P3190726.jpg
見どころはこれか?
と思ったがまだまだ登る。結構な階段を登る間に、牛の姿が現れている岩
(一生懸命見てもどこに牛がいるかわからなかった。)

善光寺につながっているといわれる岩穴などの説明文。
これは、どうやら善光寺つながりらしい。
と息を切らしてのぼると「ここからの眺めは清水寺・・・・。」
って何のことかとおもって、岩山を見るとそこにお堂が
s-P3190744.jpg
引くとこんな感じ。
s-P3190751.jpg
すごい絶壁です。
この布引観音。実は、牛にひかれて善光寺に参った人の話の元だそうで
信心のない老婆が、布をさらしていると、牛がやってきてその布を角にかけ
て走り去った。老婆は牛を追いかけ、ついに長野の善光寺に至り、厚く信仰した。
とか、改心して良い人になったとか。善光寺にたどり着くまでに何かがあったのでしょうが
その間の話は全く分かりません。
絶壁のお堂から小布施の町がみえるのですが、
花曇りでかすんでしまっています。
s-P3190745.jpg
わたし的に一番びっくりしたのは、狛犬。
シンプルイズベストみたいな阿吽の狛犬さんなのですが、
s-P3190748.jpg
土台を見ると安永四年九月って。すごいです。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小峰公園に梅を見に行ってみた [ふらり旅]

今日は何とも良い天気で、花粉もばんばんとんでいるようですが
やはり、季節の花は見に行かなくてはいけませんファイトーー!( °ロ°)乂(°ロ° )イッパーーツ!!
とはいえ、この時期見るものといえば梅くらい。
そう、梅をみに小峰公園まで行ってきました。
本数は少ないのですが、芝生の広場があるので、
梅を見ながらのピクニックにはよさそうです。
s-P2190471.jpg
ピンクの梅と白の梅が咲いているのですが
なかなかコントラストがきれいです。
そうして、梅ではなく「野鳥」を撮りに来ている人が
いて、腰からスピーカーで鳥の鳴き声を流し、
バズーカ砲のような、望遠カメラを構えていました。
植物の良いところは、咲いているところにさえ出向けば
必ず「ある」ところですね。
s-P2190461.jpg
s-P2190447.jpg
前回も、メジロとヒヨを写真としてUPしたのですが、
今回はウソ。
s-P2190491.jpg
野鳥を撮るようになって気づいたのが、
彼らは基本的に高い位置にとまるので、近くによると
「お腹」しか撮れない。ってのと。
そもそも、近づけない。ですね。
だから、バズーカ砲みたいな望遠レンズで、ぶれないように
ごつい三脚で撮影しているのがやっとなっとくできました。
やっぱり、やってみないと何事もわからないものです。
今年は「動くもの」も撮ってゆきます。がんばって。。。。
s-P2190454.jpg

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

河津桜を見に行った [ふらり旅]

伊豆半島も南に近い、河津。
1月下旬から咲き始める、早咲きの河津桜が有名。
温泉地でもあるけどね。
伊豆半島は縦長の半島で、峠が多く道路が少ない。
東西の行き来がしにくい半島だ。
なので、南端の町に行くには大きく2パターンしかない。
熱海経由で海沿いを行くか、箱根経由で峠を越えるか。
東名高速を使えば、伊豆縦貫道をつかってもよいが、
結局途中から峠越えルートと同じになる。
なので、動きやすい時間に動くともれなく渋滞にはまり
駐車場難民になる。
実は、昨年現場に2時くらいに着くようにと思って車で向かったら、
縦貫道の入口から40キロ近く渋滞。
実際着いたのは、16時。駐車場は変える人たちがいたので
渋滞のまま駐車はできたものの、すでに薄暗く、ライトアップを
みて6時ころに帰路につこうとしたら、これまた渋滞。
家に着いたのは深夜だったということがあったので、
今年は8時到着目標で、家を5時に出発。
このおかげで渋滞もなく、駐車場も並ばずに済んだ。
早起きしたおかげで、途中でなかなか良い景色も見れた。
s-P2120005.jpg
明け方だったから、富士山と月が同じくらいきれいに見えた。

河津桜はソメイヨシノよりも色が濃くて、たぶん
花が密集しているので結構迫力がある。
s-P2120438.jpg
川沿いだけでなく、山間にも多くさいていて、緑とピンクの色がなかなか
はるらしい。
s-P2120187.jpg
海に近いので、海と桜もなかなか良い。
s-P2120430.jpg
あとはたくさんのメジロがいる。
通りすがりの山歩き風ファッションのおばさまが
「あれ、すすめでしょ。」って、すずめとメジロの区別もつかないとは。
s-P2120038.jpg
さくらにまぎれてますが、メジロがいます。
s-P2120317.jpg
s-P2120353.jpg
鳴き声がうるさいヒヨドリもたくさんいます。
さくらのほかにも菜の花や
s-P2120417.jpg
s-P2120422.jpg
水仙なども咲いています。

川沿いと交流センター付近では多くの屋台が出ていて、
ヒモノ
かんきつ
が多く売られていて
肉串とか焼きそば
違いが判らない 桜饅頭 これはメーカーによってなんだか
違うようだが食べ比べないとわからない。
たとえば、交流館のおみやげとして各社の桜饅頭詰め合わせ
とかしてもいいかも。
どこも試食をだしているので、試食しておいしいのにすればよいだけかも。

ちなみに自分は
猪の串焼き 300円
できたてみたらし団子100円
桜たい焼き200円
味噌こんにゃく80円
金目コロッケ 180円

麗紅 300円
ぽんかん100円
はるか100円

s-P2120230.jpg

河津桜の苗木も売っている。
庭があれば、それを飼って植えれば伊豆まで行かずとも
1月から桜が楽しめるのに。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。