So-net無料ブログ作成
検索選択

河津桜を見に行った [ふらり旅]

伊豆半島も南に近い、河津。
1月下旬から咲き始める、早咲きの河津桜が有名。
温泉地でもあるけどね。
伊豆半島は縦長の半島で、峠が多く道路が少ない。
東西の行き来がしにくい半島だ。
なので、南端の町に行くには大きく2パターンしかない。
熱海経由で海沿いを行くか、箱根経由で峠を越えるか。
東名高速を使えば、伊豆縦貫道をつかってもよいが、
結局途中から峠越えルートと同じになる。
なので、動きやすい時間に動くともれなく渋滞にはまり
駐車場難民になる。
実は、昨年現場に2時くらいに着くようにと思って車で向かったら、
縦貫道の入口から40キロ近く渋滞。
実際着いたのは、16時。駐車場は変える人たちがいたので
渋滞のまま駐車はできたものの、すでに薄暗く、ライトアップを
みて6時ころに帰路につこうとしたら、これまた渋滞。
家に着いたのは深夜だったということがあったので、
今年は8時到着目標で、家を5時に出発。
このおかげで渋滞もなく、駐車場も並ばずに済んだ。
早起きしたおかげで、途中でなかなか良い景色も見れた。
s-P2120005.jpg
明け方だったから、富士山と月が同じくらいきれいに見えた。

河津桜はソメイヨシノよりも色が濃くて、たぶん
花が密集しているので結構迫力がある。
s-P2120438.jpg
川沿いだけでなく、山間にも多くさいていて、緑とピンクの色がなかなか
はるらしい。
s-P2120187.jpg
海に近いので、海と桜もなかなか良い。
s-P2120430.jpg
あとはたくさんのメジロがいる。
通りすがりの山歩き風ファッションのおばさまが
「あれ、すすめでしょ。」って、すずめとメジロの区別もつかないとは。
s-P2120038.jpg
さくらにまぎれてますが、メジロがいます。
s-P2120317.jpg
s-P2120353.jpg
鳴き声がうるさいヒヨドリもたくさんいます。
さくらのほかにも菜の花や
s-P2120417.jpg
s-P2120422.jpg
水仙なども咲いています。

川沿いと交流センター付近では多くの屋台が出ていて、
ヒモノ
かんきつ
が多く売られていて
肉串とか焼きそば
違いが判らない 桜饅頭 これはメーカーによってなんだか
違うようだが食べ比べないとわからない。
たとえば、交流館のおみやげとして各社の桜饅頭詰め合わせ
とかしてもいいかも。
どこも試食をだしているので、試食しておいしいのにすればよいだけかも。

ちなみに自分は
猪の串焼き 300円
できたてみたらし団子100円
桜たい焼き200円
味噌こんにゃく80円
金目コロッケ 180円

麗紅 300円
ぽんかん100円
はるか100円

s-P2120230.jpg

河津桜の苗木も売っている。
庭があれば、それを飼って植えれば伊豆まで行かずとも
1月から桜が楽しめるのに。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0