So-net無料ブログ作成
検索選択

与論の旅~その8 人と牛の数は同じくらいです~ [ふらり旅]

与論島の人口はざっくり五千人。
この人口は、結構さかのぼっても減ったり増えたり
あまりしない。小さな島だが小学校は3校あるし、
高校もある。
この高校の先生がすごく熱心らしく、塾がないので
塾ばりの補修的なものをして、かなり学力を伸ばしているようだ。
大学は外に出ていくけど戻ってくる若者もきっと多いのだろう。
そうして、人口と同じくらいいるのが「牛」
P3210951.jpg
ほとんどがこの黒いやつ。
屠畜場はない。どうしているかというと、子牛を県外の名だたる地域に
売るとのこと。そうして、ドナドナたちは、松○牛とか米○牛とかになるそうだ。
P3210945_.jpg
一部、与論牛なるブランドを立ち上げているが、屠畜場がなければ、
「肉」にはできないわけで。。。どうしてるのかなぁ。
そんな、島の南側のもっとも急な坂があるエリアには「金の牛」が
そっと佇んでいる。
DSC_2493.jpg
ここからは、沖縄本島が見えるのだが、もう少し上ったところに
やんばるくいなの像もある。
P3210965.jpg
すごく、気持ちがわるい。
おそらく、このブログをすごくさかのぼると、沖縄のでかいやんばるくいなの
展望台についてかいてると思うのだが。
どうやら、自分はやんばるくいなが苦手なようだ。
そうして、やんばるくいなの像のもう少し手前に橋があるのだが
そこの下に。クジラ。
DSC_2492.jpg
っと。このエリアはいろいろ微妙だ。
あと、与論島はブーゲンビリアやハイビスカスなどの南国植物が
もちろん咲いているのだが、意外に多いのが朝顔なのか昼顔なのか
こんなの。
P3210921.jpg
そうして、夕日を白熱灯光源で撮ってみたらこうなった。
P3200811.jpg

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。