So-net無料ブログ作成
検索選択

与論島をふらり~その1 与論へついてそれからどうする~ [ふらり旅]

先日から、与論島の旅をアップしようとしているのに
写真が載せれなくて、ゴチャゴチャになってしまった。
ってことで、ここで一度リセット
3泊4日 与論の旅 スタート。。。。ってことで。

まず、与論島へ行くには、船を利用するのと飛行機を利用する。
沖縄経由、鹿児島経由。

自分は、羽田→那覇→与論 すべて飛行機。
那覇でもトランジットで2時間くらいまったかな。
帰りもその逆。ただ、那覇での待ち時間はほとんどなし。

時期にもよるが、空港券と宿泊がパックになったツアーが安くてよい。
1泊4日なんてツアーパックがあるので、それを使用して2泊は民宿

わりと多いのが船の利用。
那覇からだと5時間。鹿児島からだと「三島めぐり」と奄美大島とか
途中島を経由してくる。ただ、途中下車的な使い方ができるので、
時間がある人は、いいかも。

女性の一人旅が多い。あとは、30代前半の若い夫婦が多いかな。
いままで、いろいろ旅してきたが、今回の旅ほど「友達」が増えた
旅はない。
まぁ。それはおいおい。

那覇から、30人乗りくらいのプロペラ機で出発。
P3180020.jpg
30分程度で与論空港に着く。
DSC_2265.jpg

飛行機から歩いて空港へ。この感覚なんだか懐かしい。っと
おもったら、ベトナムのニャチャンの空港がこんな感じ。
預けた荷物もベルトコンベアで運ばれてきたのを台に
どんどん載せられるので、そこからもらってゆく感じ。

1泊目の宿の方が送迎をしてくれた。ツアー会社から「送迎については直接電話して
聞いてください。」とのことだったので、あらかじめ電話を入れてあったわけだが、
民宿などでも基本的には送迎してくれる。

そうして宿に到着。
DSC_2268.jpg
P3180022.jpg
よろん島ビレッジ。すごくリピーターが多いそうなのですが、
それ、わかる。ホテルなんだけど民宿的なところもあってよいのです。
まぁ。それもおいおい。


与論島は一周20km程度。島内の移動は、
①歩く(バス使用)
②レンタル自転車(ままちゃり)
③レンタルバイク(原付)
④レンタカー

のいずれかだが、断然おすすめしたいのは③レンタルバイク(原付)
やはり、歩きはしんどい。バスは循環バスが通っていて、通りかかれば
バス停でなくても乗せてもらえる。ただし、時間も不規則。終わるのも早い。
自転車も「体力に自信のある」人はいいと思うが、与論島は案外坂が多い。
ままちゃりなので、結構、疲れるし、道を間違えた時の悲壮感が半端ない。
下り坂→楽しい!!→道間違えた→この坂また上るの(ToT)って感じ。
レンタカーはマリンスポーツする人は機材などがあるから必須だけど。
なにせ、道が狭い。あと、高齢の方々が運転する、車、原付、農機具等々
ようするに、危ない。気になるビーチを見逃す。
とういことで、原付がよい。

っで、原付を借りるのも宿でお願いするとすぐにレンタカー会社の人が
来てくれて、その場で現金ニコニコ払いする。
前日からの乗り捨てをそのまま借りる感じか、軽トラに乗っけてくる感じ。
乗り捨ても追加料金なくできる。
自分は、2泊3泊目は別の宿だったのでその旨つたえると。
「ガソリン満タンにして、鍵つけておいておいて」って感じ。

っで、着いたその日は、西側のビーチを原付でコトコト回る。
P3180024.jpg
P3180029.jpg
P3180030.jpg
P3180045.jpg
DSC_2272.jpg
DSC_2310.jpg

こんな眺め。そうして、夜ご飯そうして宴会。。。は次へ続く。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。