So-net無料ブログ作成
検索選択

マッサマンカリーを作ってみた。 [名物]

ここ一年で、何故か注目されているマッサマンカリー。
あまり聞かない名前だか、レトルトとしては色々出ている。
カレーのなかで一番旨いとのことだが。。
無印とタイの台所と食べてみたが??
特に、タイの台所は醤油の味しかしないのはなぜ?
レトルトパウチされた、ジャガイモのまずいことといったら
どうにもならない。
鶏肉を入れて炒めるのだが、まったくもって、鶏肉との相性も
よくないし。
っで、日清のマッサマンカリーヌードルを食べてみたっが、
普通のカレーと区別がつかない。

っで、今回、成城石井のマッサマンカリーキットをかってみた。
20141205_223725.jpg
なかみは、カレーペースト、タケノコの水煮千切り、ココナッツパウダー
ナンプラー
自分で用意するのは、油、ジャガイモ、タマネギ、豚肉

油おおさじ3杯を鍋に入れて、カレーペーストをとかす。
弱火で3分いためる。
この時点て、タイカレーの香り。油の色とか
タイカレーっぽい。
そこに、一口大にきった、スライス豚肉、ジャガイモ、タマネギ
を投入、部族のタケノコも。
っで、いためる。っが、鍋が小さいと大変です。
全体を絡めつつ、馴染んだところで、
300mlのお湯で溶かしたココナッツミルクを投入。
っで!よく煮込んで、ナンプラー投入。
って、もう少し煮込む。
出来上がりヾ(@゜▽゜@)ノ
20141205_223735.jpg
どうよ。
食べてみた。
旨いけど、普通のタイカレーと変わらない。
あえて言うならあまり辛くない。
これなら、グリーンカレーの方が旨いと思うけどなぁ。
まぁしばらく、食べ比べ。
お店で食べれる所ないかな?


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 1

共産党と社民党の消滅を望む

中国では「速成鶏」の存在が社会問題になっている。
わずか40日~45日で3.5kgまで成長させて出荷するのだが、過剰にホルモン剤を与えて丸々と太らせるのだという。
日本では51日~55日程度で2.5kgほどになったら出荷するのが通常なので、
中国の鶏がどれだけ大量のホルモン剤を与えられているのか想像がつく。
さらに、中国では身動きできないほど狭い不衛生なスペースで飼育されるため、鶏はすぐに病気になる。
そのため中国の養鶏家は平均して18種類もの抗生物質を与えているという。
そんな中国から加熱処理された鶏肉が、日本に年間21万5千トンも輸入されている。
by 共産党と社民党の消滅を望む (2014-12-06 11:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。